しまじろうコンサート2018冬に子どもと2人で行ったよ!当日の時間などをレポート

しまじろうコンサート2018冬に行ってきました

しまじろうコンサート「サンタのくにのクリスマスキャンドル」に3歳息子と行ってきました。
子どもにとって人生初のコンサートで最後まで楽しめるか不安でしたが、帰ってからも「今日は楽しかった!」と言うくらい大満足だったようです。

この記事では、子どもと2人でもしまじろうコンサートをめいいっぱい楽しむために、当日の流れを中心にしまじろうコンサートについて振り返ります。
これからしまじろうコンサートに行く方の参考になれば幸いです。

しまじろうコンサートって当日はどんな感じなの?

初めてしまじろうコンサートに行く場合、当日の流れが分からなくて不安ですよね。
当日の流れについて、ネタバレなしで紹介します。
会場に着く時間や休憩時間を事前に抑えておくと、ワンオペでも心配なく当日を過ごせると思います♪


  • 14:00
    会場に到着!
    コンサートのスタートは14:30から。
    ですがグッズ購入や写真撮影のために開場の時間とほぼ同時刻に到着。
    看板前での写真撮影は5分待ち、グッズは並ばずに買うことができました。
    休憩時間や帰りに写真撮影やグッズ購入をしようとすると並ぶので、早めに行くのがおすすめ。

  • 14:15
    うたの練習
    開演15分前にお姉さんが出てきて、ベルを鳴らす練習をしました。
    初めてコンサートに行く場合は、雰囲気を掴むためにも練習の時間には席に着いていた方が安心です。

  • 14:30
    第1部スタート
    待つのにも飽きてきた頃に第1部がスタート。
    しまじろう達が出てくると会場は大盛り上がり!
    その後、お話が始まります。
    だんだんと泣いたり、飽きて歩き回ったりする子も。

  • 15:00
    10分休憩
    第1部で少し飽きてきた頃にちょうどよく休憩時間が設定されています。
    トイレやグッズ売り場は列ができていました。

  • 15:10
    第2部スタート
    第2部はお話の続きからスタート。
    視覚的にも面白い内容が多かったからか、後半の方が盛り上がっている子が多かったです。

  • 15:40
    30周年特別ステージ
    第2部が終わると30周年特別ステージへ。
    ここからは撮影OKです。
    自分の席での撮影になるので、後ろの方の席だとあまり撮れないかもしれません。
    コンサートショップで売っているクリスタルスターライトはこの10分間のみ使用OKとのこと。
    私の席の周りではクリスタルスターライトを使っている子はほとんどいませんでした。

  • 15:50
    コンサート終了!
    あっという間にコンサート終了。
    終了後は看板やクリスマスツリー前での写真撮影の列が。

途中、飽きてしまいそうなところで休憩が入ったり、一緒に歌って踊れるようになっているのはさすがだなと思いました。
会場内では泣いたり走りまわったりする子もいましたが、お互い様…という雰囲気です。

赤ちゃんでも楽しめると思いますが、歌ったり踊ったりできるくらいの年齢になってからの方がおすすめです。
会場はだいたい2歳前後の子が多いように感じました。
3歳から大人と同じ値段になってしまうのが辛いところですが、家でもぬいぐるみを抱っこして歌うほど楽しかったようなので、行ってみる価値はあったかなと感じました。


事前準備をすればワンオペ参加でも怖くない!

しまじろうコンサートに参加する時に気をつけた方が良いことを紹介します。

しまじろうコンサートを楽しむポイント

  • 開演30分前くらいに着くのがちょうど良い
  • しまじろうグッズを持って行こう
  • 会場内は飲食・コンサート中の撮影禁止
  • 帰りの荷物を考えてなるべく手荷物は少なめに
  • 事前に曲を聴いておくと安心

開演30分前くらいに着くのがちょうど良い

休憩時間や終演後はトイレや写真撮影、グッズ購入が比較的混んでいました。
開演30分前(=開場時間)くらいには会場について、ゆったりトイレに行ったり、グッズを見たりするのがおすすめです。

開演15分前くらいから会場が暗くなります。
会場では席を探したり、パーティーハットやベルの準備をしたり、うたの練習をしたり…と意外とやることがありますし、子どもも明るいうちから会場に慣れていた方が安心です。

なお、開演30分よりも前に着いても、前の公演に参加している方がいたりして会場には入れない可能性が高いです。
子どもも飽きちゃうのでぴったり開演30分前くらいがちょうど良いかな、と感じました。

しまじろうグッズを持っていく

こどもチャレンジでしまじろうのぬいぐるみをもらった方は、会場に持っていくのがおすすめ。
会場には結構ぬいぐるみを持っている子が多いので、お友達の姿を見て自分も欲しい…と思う可能性が高いからです。特に写真撮影の時には、ぬいぐるみを持ちたくなると思うので持っておくと良いかと。

また、コンサート中は音や光が出るものは使えないため、飽きたり眠くなった時のアイテムとしてぬいぐるみはちょうど良いです。

わが家はこどもチャレンジに入会した直後にコンサートに参加。
家にしまじろうグッズがなかったので、会場で「なかよしトリオ」というコンサート限定グッズを買いました。
お値段は3,900円とちょっと高いです…が、家でも楽しそうに遊んでいますし、良い思い出になったかなと思います。季節商品ではないので、夏のコンサートでもそのまま持っていけそうです。

しまじろうコンサート限定グッズ。子どもが持ってもちょうど良いサイズ感

会場内(座席)は飲食・コンサート中の撮影禁止

会場内は飲食厳禁です。
30分ごとに休憩があるので大丈夫だとは思いますが、結構歌ったり踊ったりして喉が乾くと思うので、開始前や休憩時間に水分を取るようにするのがおすすめです。

また、30周年特別ステージ以外のステージでは、写真やビデオ撮影は禁止です。コンサートを楽しんでいる子どもの様子は、休憩時間や開始前に撮るようにしましょう。

持っていく荷物はなるべく少なめに

会場にもよるかもしれませんが、座席の下くらいにしか荷物を置けるスペースはなく、また、前後との間隔も少し狭く感じました。
当日はA4サイズの袋を渡されたり、グッズを購入したりと結構荷物が増えます。
特に冬場はコートなどもかさばるので、荷物は最小限にした方が良いかと思います。

事前にコンサート演奏曲を聴いておくと安心

当日はベルを持って、音楽に合わせて歌ったり踊ったりする機会があります。
事前に聴いて練習しておくと、さらに楽しく参加できること間違いなしです。
コンサートの演奏曲はしまじろうコンサートのサイトで聞くことができます。無料なので、ぜひ聴いてみてくださいね。

しまじろうコンサート公式サイトを見る


まとめ:しまじろうコンサートは親子2人でも楽しめる♪

初めてのしまじろうコンサートに親子2人のみで参加し、最初は不安でいっぱいでしたが「事前準備をしっかりしたこと」「早めに行動したこと」で最後まで楽しむことができました。
これから参加する・参加を検討している方は、ぜひ事前準備をして当日を迎えてくださいね。

もう1度、この記事を振り返ります。

しまじろうコンサートを楽しむポイント

  • 開演30分前くらいに着くのがちょうど良い
  • しまじろうグッズがあれば持って行こう
  • 会場内は飲食・コンサート中の撮影禁止
  • 帰りの荷物を考えてなるべく手荷物は少なめに
  • 事前に曲を聴いておくと安心

しまじろうコンサートにぜひ足を運んでみてくださいね。

こどもチャレンジにWeb入会すると、しまじろうコンサートがもっと楽しめます!

Webで入会すれば当日からメリットたくさん

入会当日から会員割引でチケットが買える
しまじろうのアニメ見放題。コンサートの予習にも◎



▼ワンオペでの子どもとのおでかけにおすすめのバッグを知りたい方

毎日使えるバッグでモノの管理を楽にしよう|通勤にもママバッグにも使える

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA