会議や授業などでメモを速く取るコツ|簡単にできるテクニックを紹介します!

議事録や授業などでメモを取るコツを紹介します。

会議や授業など、メモを取る機会を取る機会はとてもたくさんあります。

メモを取るとき、こんなことに悩むことはありませんか?

メモが取れない悩みの例

  • 話すスピードが速く、メモが追いつかない
  • あとで読み直したら、メモした内容が少なくて思い出せない

この記事では、メモを速く取るコツについて紹介します。
メモを速く取れるようになることで、話の理解力も増し、できる大人に一歩近づくことができますよ。
あなたもぜひ、この記事を読んで試してみてくださいね。

この記事のポイント

  • とにかくムダを減らしてメモを取る
  • 事前に資料を読んで知らない単語を減らす

メモを速く取るには、とにかくムダを減らす

会議などでメモを取るとき、話し手がスピードを抑えて話してくれれば助かりますが、なかなかそうはいかないですよね。

話しているスピードに合わせてメモを速く取るには、なるべく書くことに集中する時間を増やすことが大切です。
具体的には、以下の4点に気をつけていきましょう。

速くメモするコツ

  • 配布資料があるなら資料に書き込む
  • 書くことに集中し、1色で書き上げる
  • 漢字よりもカタカナの方が速い
  • 略字、記号、英語を上手に使う

配布資料や教科書に書き込んでメモを減らす

自分で1からノートに書いていると、とてもじゃないけど時間が足りません。

配布資料や教科書をもとに話が進んでいるのであれば、直接資料に書き込むのが1番早いです。
なぜなら、話す内容は通常、資料内にまとめられているからです。
メモを取るときには、資料からは分からない補足部分などを書き足すだけで、ムダなく多くの内容をメモできるようになります。

大切なのは、あとで読み返すときにどんな話だったのか思い出すためのヒントを残しておくことです。
使えるものはどんどん使って、メモを取るようにしましょう。

注意
「メモを取るのが面倒」「書くだけだと忘れちゃうから」とICレコーダーを使うケースもあると思います。
ICレコーダーで内容を記憶して後で聞き返す、という目的であれば、利用しない方が良いです。
なぜなら「あとで聞けるからいいや」と話を聞くことが疎かになったり、結局あとで聞く時間がなくなったりするからです。
「今聞いている話をこの場で記憶するんだ!」という気持ちで取り組めると良いですね。

ペンを持ち替える時間はない!ペン1本で書き上げよう

メモを取るとき「重要そうだから蛍光ペンで線を引こう」「赤字で書こう」というように、ペンを持ち替えることはありませんか?

1つひとつの動作は短時間でもメモを取るにはムダな時間になります。
また、メモを取ることに慣れていない場合、話を聞きながらポイントを抑えるのはとても難しいことです。
場合によっては、蛍光ペン・赤字だらけになってしまい、結局何がポイントだったのか分からなくなることもあります。

メモを取るときには、なるべくペン1本で。
シャープペンを使うなら、折れにくいものを使い、芯が途中でなくならないように補充しておくと良いでしょう。
仮にメモの途中で間違えても、消しゴムは使わず、斜線抹消する方が早いです。

話のポイントを思い出すのは、メモを取ったあとでもできます。
まずは、話の内容を少しでも記録することを心がけてみましょう。

漢字よりもカタカナの方が早く書ける

メモを取るとき、頑張って漢字でメモを取ろうとしていませんか?

漢字は画数も多く、メモを速く取るには不向きです。
ひらがな、カタカナの方が画数も少なく速く書くことができます。

例えば「会議」という字を書く場合と「カイギ」と書く場合、後者の方が手を動かす回数が少ないですよね。
手を動かす回数が少ないということは、それだけ次の文字を書くスピードが速くなるということです。
また、たくさん手を動かす必要もないので、手が痛くなりにくい効果もあります。

どうしても漢字を使いたい場合は、略字を使うなど工夫すると良いですね。

メモは、話の内容を記録するためのものです。
誰かに見せたりするものでもないですし、キレイに書くことはいったん忘れて、まずは速く書くことに取り組んでみましょう。

略字、記号、英語を上手に使う

メモを取るとき、略字や記号、英語も上手に活用すると早く書けるようになります。

例えば「例」を書く場合、漢字ではそこそこ画数が多いですね。
カタカナにすると「レイ」となり、「0」「礼」など、他の単語と混ざって分かりづらくなります。

この際に「Ex.」のように略字を使うと、あとから読み返しても意味が通り、かつ、短い時間でメモできるようになります。

英語が苦手という方も大丈夫。
誰かに見せるものではないので、間違っていても、ローマ字でも良いのです。

大切なのは早く、多くの情報をメモすること。
自分の知っている単語でも良いので、まずは書いてみるようにしましょう。


さらに早くメモを書くためにやるべきこと

ここまで説明したテクニックを使えば、内容の分からないものでもある程度、メモを取ることができるようになります。

…ですが、メモをより良く活用するためには、事前準備がとても大切です。
理由は以下の2点です。

上手なメモは事前準備が8割

  • 資料を読めば重要なポイントが分かる
  • 知らない単語をメモするにはとてもハードルが高い

資料を読めばポイントが分かる

事前に資料を読むことができるのであれば、さっとで良いので目を通しましょう。

メモを早く取るポイント1つ目でも説明しましたが、資料には通常、説明のポイントが書かれています。
話のポイントが何か分かれば、どんな話が展開されるのか予測することができます。
話が予測できるとメモを取る構えができるので、メモを取るスピードもアップします。

また、長時間の打ち合わせや授業の場合、話の内容全てがポイントとなることは少ないです。
事前にポイントを抑えておけば、力を抜いても大丈夫なところが分かります。
大事なポイントに絞って話を聞けば、集中力が途切れそうなときも安心ですね。

知らない単語はメモしづらい

一般的に、知らない単語を口頭で聞いてメモを取るのはとても大変です。
特に固有名詞は自分の頭の中に正解がないため、メモを取ることが難しいです。
また、話し手の滑舌によっては、単語を正確に聞き取れないこともあります。

1度、自分が詳しく知らないニュースについて、アナウンサーが話した内容をメモしてみてください。
メモを取ることの難しさを体感できると思います。

話の内容が事前に分かるのであれば、ポイントとなりそうな単語とその意味を事前に調べることがおすすめです。
事前に単語を頭に入れておくだけで、メモを取るスピードは格段に向上します。
また、仮に正確に聞き取れなかったとしても、話の前後関係から、内容を理解することにもつながります。


まとめ:上手にメモをとってできるオトナになろう!

最初のうちは、なかなかスピーディーにメモを取ることが難しいかもしれません。
ですが、何度も練習を重ねることで、あとで振り返っても思い出せるメモを取れるようになりますよ。
ぜひポイントを抑えながら、メモを取る練習をしてみてくださいね。

最後に、メモを速く取るためのポイントをおさらいします。

メモを速く取るためのポイント

  • 配布資料があるなら資料に書き込む
  • 書くことに集中し、1色で書き上げる
  • 漢字よりもカタカナの方が速い
  • 略字、記号、英語を上手に使う
  • 資料を事前に読んで知らない単語をなく

スピーディーにメモを取って、できる大人に一歩近づいてくださいね。

▼コスパ最強のおすすめメモ帳。

▼書きやすいメモ帳といえばモレスキン

created by Rinker
Moleskine(モレスキン)
¥2,846 (2018/11/20 04:01:30時点 Amazon調べ-詳細)

▼手帳にメモを取るのもおすすめ。私はジブン手帳を愛用中です。

忙しい毎日のタスク管理|仕事も育児も頑張るならジブン手帳Bizがおすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA